コンバーチブルPCが欲しい!

vaio duo 11

iPadminiが発表されて世間のマカーたちがにわかにざわついている中……
私が気になっているのが、windows8搭載のコンバーチブル型のPCです。

ノートPCとしても使えるし、タブレットとしても使えるという便利な代物。

windows8発売と同時に、各社様々なコンパーチブルPCを発売・発表しましたが、
コンバーチブルを実現するための方法が様々で面白いです。

まずは、ノートPCの画面を開く要領で、そのままぐるっと360度回転させると、
キーボードの背面がディスプレイになるタイプ。
例えば、Panasonicのこれ。
http://panasonic.jp/pc/appli/ax_special/

このタイプの欠点は、タブレットとして使っている時に、
反対側のキーボードが丸出しになるところですねー

まあ、なんか対策はしてるんだろうけど、
手に当たったりするとやっぱり気になりそうだし、落ち着かなさそう……

このタイプが一番多くて、NECなんかもぐるっと回転するタイプです。
http://121ware.com/lavie/y/?pro=121pro_lv_top

あとの会社は、皆独自の機構を搭載してるようです。

東芝は、タブレット型から画面をスライドするとキーボードが出てきて、
ムクッと画面を持ち上げるとノートPCになる機構。
http://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/121019r822/index_j.htm

これならタブレットとして使用中にキーボードがむき出しにならなくて済みますね。

続いて富士通の場合。
ノートPCの状態からディスプレイ部分がガチョンと取り外せて、
そのままタブレットになるという機構。
http://www.fmworld.net/fmv/qh/

キーボードがしまい込まれるタイプは、どうしてもキーボードの分重みが増してしまうんですが、
ディスプレイが外れるタイプなら、重さは心配ありませんね。

最後に、ソニー。
ここは東芝と似てるんですが、タブレット状態からモニターの上部を持ち上げると、
画面がスライドしながら持ち上がってキーボードが出てくるという仕組み。説明しにくい……
http://www.sony.jp/vaio/products/VD21/

他にも、DELLはノートPCのディスプレイが枠の中でクルッと回転するタイプだったり、(これも説明しにくい……)
エイサーやレノボもwindows8搭載のPCを発売しているようです。

まあ、個人的に日本のメーカーに頑張って欲しいということで、
今回は日本のメーカーの中から選んで買おうと思ってます。

第一候補はVIAOかな。
ソニーストアで買うと、今ならちょっと安くなるキャンペーン中らしい。

んーーーー迷うなーー;